その他

ホットヨガ『LAVA』ピラティスとヨガの持ち物の違い

今話題でCMでも良く見るホットヨガの『LAVA』さん。やってみたいけど何がいるの?と気になりますよね。

最近ではホットヨガに加えて『マシンピラティス』も導入している店舗も続々増えているので、ヨガとマシンピラティスの持ち物の違いや、何がレンタルできるのかをご紹介します。

ホットヨガの持ち物は?

ホットヨガの持ち物は以下の通りです。

  • 会員証
  • ヨガマット
  • ラグ
  • ウェアー
  • 水(1リットル必要です)
  • 汗ふきタオル(レッスン中使います)
  • バスタオル(レッスン終了後使います)
  • 髪ゴム(必要な人)
  • 着替え
  • 化粧水や乳液(必要な人)
  • 化粧品(必要な人)

ざっと上げましたが、本当に必要な物は、会員証・ヨガマット・ラグ・ウェアー・水・汗ふきタオルです。とりあえずこの6つがあればレッスン受けれます。会員証については、LAVAのスマホアプリに会員証のバーコードが出るので便利です。

髪ゴムですが滝汗をかくので、髪の毛が長い人は縛った方がレッスンに集中出来ます。

レッスンが終わると全身汗だくなので、タオルはもう1枚必要だと思います。シャワールームがあるので全身洗って、お化粧ばっちりして帰る人もいます。

私は簡単に汗を拭いて、下のウェアーだけ着替えてパーカーとか羽織ってすぐ帰ります。

マシンピラティスの持ち物は?

マシンピラティスの必要な物は以下の通りです。

  • 会員証
  • 汗ふきタオル
  • ウェアー
  • 水(ヨガよりは量必要ないです。500mlあれば十分です)
  • すべり止めつき靴下

マシンピラティスで必須の物は会員証・汗ふきタオル・水・ウェアー・靴下とヨガに比べて必要な物が少ないです。

さらにマシンピラティスは汗をかくといっても、服がベタベタ・髪ベタベタなんてヨガほど汗はかきません。うっすら汗をかく程度、なので着替えもいらないし、なんならそのまま帰れるよというくらいです。

私はマシンピラティスの時はいつも通りお化粧していきます。

持ち物忘れてしまった場合は?

ヨガマットは忘れた人用に無料レンタルがあるので、店舗スタッフに聞いてみましょう。レッスン終了後スタジオ内にある消毒を使って、借りたヨガマットはキレイにして返しましょう。

レンタル商品一覧

  • フェイスタオル 110円
  • バスタオル 210円
  • LAVAラグ 310円
  • ウェアー(上下別) 各410円
  • 靴下(マシンピラティス用) 200円

 

  • レッスンセット(水なし) 500円
  • レッスンセット 600円
  • レッスンセット+ラグ(水なし) 700円
  • レッスンセット+ラグ 800円

水は1リットル240円で販売。

レッスンセット基本内容⇒水1リットル・レンタルウェアー上下・レンタルフェイスタオル・レンタルバスタオル

※LAVA公式サイトより引用しています。

こうして見ると何でもレンタルできますね。ですが、レンタルは結構割高なので忘れずに用意しておきたいですね。靴下はネットでも色んな種類がありますし、LAVAの店舗でも販売しています。(すべり止め靴下 1300円)

まとめ

ホットヨガは会員証・ヨガマット・ラグ・ウェアー・水・汗ふきタオル

マシンピラティスは会員証・汗ふきタオル・水・ウェアー・靴下

共通して必要なのは会員証・ウェアー・水・汗ふきタオルになります。

ホットヨガは持ち物が多くレッスン時間は60分で汗をたくさんかきます。レッスン終了後は汗を拭いたり着替えたりと時間がかかりますが、ホットヨガでしか味わえない爽快感があります。

マシンピラティスは持ち物が少なくレッスン時間は50分。少し汗をかくくらいなので、レッスン終了後はさっと帰れます。インナーマッスルが鍛えられるので姿勢改善ができたり、引き締めたいところへピンポイントにアプローチできます。

どちらにもそれぞれ良い所があるので、自分の予定に合わせてレッスンを受けると良いですね♪

今回はホットヨガとマシンピラティスの持ち物の違いをご紹介しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こりゅう

昔ハマったBLに、最近またハマった40代主婦。 今はサブスクが豊富で、いつでもどこでもスマホでBLを見ることができて最高ですよね!面白かった・おススメのBL作品をどんどん紹介していきます♪

-その他